「経営・管理」に伴う会社設立をサポート

日本で外国人が会社を設立するのは、日本人による設立と比べて、ハードルが高くなります。

株式会社は定款を作成し認証を受ける、登記申請をすることによって設立されますが、印鑑証明書の手配、資本金の払込み等、外国人の会社設立には専門的な知識が必要とされます。

  1. 定款の作成
  2. 定款の認証
    *印鑑証明書が必要です。
  3. 資本金の払い込み
    *原則として、資本金の振込先として、日本の銀行口座の開設が必要となります。
  4. 登記申請
  5. 会社の設立
  6. 事業所の確保
  7. 税務署等への届出書類の提出
  8. 入国管理局への「経営・管理」ビザの申請
    *詳細な事業計画書の作成が求められます。
  9. 在留カードの受け取り
  10. 本格的な業務開始

 

当サポートセンターでは、「株式会社設立(合同会社設立)」及び「経営・管理」ビザ申請のサポートを行っておりますので、是非ご相談下さい。

● 株式会社設立

設立費用(税込、法定費用等を含む総額)
株式会社設立 340,000円

 

● 合同会社設立

設立費用(税込、法定費用等を含む総額)
合同会社設立 170,000円

 

1.在留資格認定証明書交付許可申請

報酬代金(税込) 法定費用
経営・管理 120,000円  ー

 

2.在留期間更新許可申請

報酬代金(税込) 法定費用
経営・管理 10,000円 ¥4,000

 

いつも、お客様に対して分かりやすい説明と、リーズナブルな価格での許可申請を心掛けております。お客様に満足頂けるように全力を尽くします。ご相談をお待ちしております。

 

 

Follow me!