外国人の離婚定住について

日本人と結婚し「日本人の配偶者等」の在留資格で在留していた外国人が、日本人と離婚した場合はどうしたら良いでしょうか?

その外国人が引き続き日本に在留したい場合には、「定住者」への在留資格変更を検討することになります。

これは一般的には「離婚定住」と呼ばれるものですが、告示外定住者となりますので、入国管理局の審査のハードルは決して低くはありません。

法務省が審査の判断基準として、許可事例と不許可事例を公表しています。

「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」から「定住者」への在留資格変更許可が認められた事例及び認められなかった事例について

この申請に関して最も大切なことは、日本に引き続き在留を希望する外国人が、離婚後も経済的に自立して、安定して生活して行くことが可能であることを、入国管理局が納得できるだけの説明を尽くし、生活の安定性を書面にて立証することです。

従いまして、この申請を考えている外国人の方は、離婚の準備として働き先を確保しておくことが重要だと考えます。

尚、子供がいる場合に大切なことは、子供の親権者に成ることですが、もし相手側が親権を取ったとしても、月々の養育費の支払いを文書にて約束するなどして、子供の扶養に対する取り組みをアピールすべきです。

いずれにしましても、安易な気持ちで申請すべきではありません。

もし申請する場合には、周到な準備が必要であることは言うまでも有りません。

 

 

Follow me!