価格設定は、追加料金無しの一律料金です。

親族訪問(家族・知人の呼寄せ)

報酬代金(税込)
短期滞在ビザ  10,000円
1名追加毎  +2,000円

ビザ申請

在留資格認定証明書交付申請
報酬代金(税込)
日本人の配偶者    60,000円
定住者    60,000円
家族滞在    60,000円
就労    70,000円
就労(経営管理) 120,000円
在留期間更新許可申請
報酬代金(税込)
日本人の配偶者   20,000円
異なる配偶者   60,000円
就労   20,000円
転職後の更新   70,000円

*在留期間更新許可申請の場合は、法定費用として別途4,000円が必要です。

永住許可
報酬代金(税込)
日本人の配偶者   60,000円
定住者   60,000円
就労資格者   60,000円

*永住許可申請の場合は、法定費用として別途8,000円が必要です。

在留資格変更許可申請
報酬代金(税込)
日本人の配偶者

⇒ 定住者

 60,000円
留学

⇒ 日本人の配偶者

 60,000円

*在留資格変更許可申請の場合は、法定費用として別途4,000円が必要です。

帰化申請

報酬代金(税込)
帰化申請  70,000円

帰化申請に関して
帰化申請のWORKING PROCESSに関して

千葉県での帰化申請について
特別永住者の帰化申請に関して

在留特別許可

報酬代金(税込)
在留特別許可 100,000円

多人数同時申請の場合の報酬代金

申請人が2人以上いる場合に、それを同時申請する場合には、2人目以降は半額となります。

例:家族滞在(妻及び子供3人)を同時申請した場合

妻60,000円+子供30,000円+子供30,000円+子供30,000=150,000円

例:永住申請(本人+妻+子供2人)を同時申請した場合

本人60,000円+妻30,000円+子供30,000円+子供30,000=150,000円

例:コックさん3人を同時に招聘した場合

70,000円+35,000円+35,000円=140,000円

*法定費用はそのまま人数分かかりますので、ご注意下さい。

但し、帰化申請の場合には、2人目以降は一律30,000円となります。

例:帰化申請(本人+妻+子供2人)を同時申請した場合

本人70,000円+妻30,000円+子供30,000円+子供30,000=160,000円

特殊な場合の対応

お客様が置かれております状況に応じて、柔軟に対応致します。

  • 例:自分で申請したけれど不許可となってしまった。どうしたら良いか分からない。再申請は専門家にお願いしたい。
    ⇒ 当サポートセンターにご相談下さい。再申請のハードルは高いですが、特別な割増料金等は発生致しません。安心してお任せ下さい。
  • 例:自分で申請したけれど、入局管理局より追加資料の提出要求があった。資料の作成方法が分からないし、このままでは不許可になるのでは、と心配している。
    ⇒ 当サポートセンターにご相談下さい。状況を適切に判断し、入国管理局に対して説得力のある書類を作成致します。

一人で悩まないで、是非専門家にご相談下さい。
個々のお客様に最適なサポート方法を考えてご提案致します。

見積関連記事一覧

サポートの内容をビザ毎に説明しております。該当する項目をクリックして、内容をご確認下さい。

皆様のご依頼をお待ちしております。

在留資格「短期滞在」(親族呼寄せ)の書類作成代行に関して
在留資格「定住者」の入国管理局への申請に関して
在留資格「介護」の入国管理局への申請に関して
在留資格「日本人の配偶者等」の申請に関して(配偶者を呼寄せる)
在留資格「技能」の入国管理局への申請に関して
在留資格「技術・人文知識・国際業務」の入国管理局への申請に関して
在留資格「家族滞在」の入国管理局への申請について
在留資格「定住者」についてー外国人が日本人と離婚後も引き続き日本に在留するには
在留資格「企業内転勤」の申請に関して
在留資格「永住許可」の申請に関して
在留資格「高度専門職」の申請に関して
 「再入国許可」の申請に関して
 「資格外活動許可」の申請に関して
在留資格「経営・管理」の入国管理局への申請に関して
子供(外国人)が日本で生まれたら、取得すべき在留資格は?
 「在留特別許可」に関して
在留資格「定住者」に関して(離婚定住ー外国人が日本人と離婚したらどうする?)
在留資格「特定活動(医療)」の申請について(短期滞在中に入院になったら)
在留資格「経営・管理」の申請に伴う会社設立について
 「帰化」申請に関して

申請取次行政書士の活用に関して

申請取次行政書士に関して説明しておりますので、ご参考にして頂きたいと考えています。

 申請取次行政書士について
 申請取次行政書士についてその2

ワンポイントアドバイス

お客様から頂いた様々な質問に対して、ワンポイントアドバイスとして記事にしております。

是非ご参考にして下さい。

在留資格「短期滞在」(親族訪問)の期間延長について
入国管理局に提出する「身元保証書」について
在留資格「技術・人文知識・国際業務」が該当する職種の具体例に関して
国籍が異なる外国人同士は日本で結婚出来る?
外国人と税金について
外国人が日本で再婚する場合に気を付けることは?
外国人の在留に伴う各種届出義務
難民認定申請者の雇用について
在留資格「高度専門職」に関して
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での雇用の可能性を考える
「在留特別許可」について(お相手がオーバーステイなら)
不法残留(オーバーステイ)だけなら出国命令制度
在留資格「特定活動」について(老親扶養ー年老いた親を呼ぶことは出来ますか?)
在留資格「家族滞在」について(留学生が配偶者を呼び寄せる)
外国人雇用に関する「不法就労助長罪」について
「留学」の在留資格を有する留学生の卒業に際しての注意事項について
帰化申請のWORKING PROCESS に関して
在留資格或いは帰化申請の際に提出する書類の有効期限に関して
在留資格「日本人の配偶者等」の申請の前に国際結婚をする方法
在留資格「経営・管理」に伴う会社設立に合同会社を勧める理由
千葉県での帰化申請について
外国人の離婚定住について

 

アップデート情報

お客様からお問い合わせがありました件に関しまして、アップデートな情報をお伝えします。

是非ご参考にして下さい。

新しい在留資格「特定技能」について解説します
新しい在留資格「特定技能」についての最新の情報
特別永住者の帰化申請に関して