ワンポイントアドバイスー不法残留(オーバーステイ)だけなら出国命令制度を

オーバーステイの罪を犯した場合に、入国管理局は「退去強制」と「出国命令」の2種類の対処方法を設定しています。

簡単に言いますと、重い処分が「退去強制」で、軽い処分が「出国命令」です。

大きな違いは、「退去強制」の場合は収容される可能性があるのに対して、「出国命令」の場合は収容されることはありません。

出国命令書が交付されれば、収容されることなく出国することが出来ます。

但し、出国命令制度が適用となる為には、下記の条件を満たす必要があります。

  • 速やかに出国することを希望して、自ら入国管理局に出頭したこと
  • 不法残留している場合に限ること
  • 窃盗その他一定の罪により懲役刑等の判決を受けていないこと
  • これまでに強制送還されたり、出国命令により出国したことがないこと
  • 速やかに出国することが確実であること

尚、出国後少なくとも1年間は入国出来ません(退去強制の場合は少なくとも5年間、場合によっては10年間入国不可となります)。

もし知人がオーバーステイをしているならば、警察に逮捕される前に入国管理局に出頭することを勧めて下さい。

条件が合えば、出国命令制度が適用されますので、収容されることなく普通に帰国することが出来るものと思います。

 

 

Follow me!