親子関係と子供の国籍に関して(国籍法の理解)

私の事務所には毎日様々なお客様がいらっしゃいます。

その中で、日本人の男性のお客様ですが、自身の子供であるにも関わらず、子供の国籍は外国籍であり、その子供に日本国籍を取得できないか、との相談を受けることがよくあります。

子供の出生時に、子供の父親が国籍法を知っていたとしたら、おそらく自身の子供は日本国籍を取得出来ていたのでないか、と推察されることがほとんどです。

でも法律(国籍法)を知らなかったために、そのまま放置してしまい、子供は日本国籍を得るチャンスを逸してしまったのです。

では、ケースバイケースで代表的な特殊事例を検証してみたいと思います。

ケース1 日本人父と外国人母の場合

婚姻届後に懐胎し、子が日本又は外国で出生する場合
⇒ 子供の国籍:日本と外国

ケース2  日本人父と外国人母の場合

外国へ婚姻届が出され、日本には婚姻届出がされていない場合で、子が外国で出生する場合
⇒ 子供の国籍:外国

但し、出生届の期間(3ヵ月)以内に日本側へ出生届と同時に国籍留保届を提出した場合
⇒ 子供の国籍:日本と外国

ケース3 日本人父と外国人母、但し婚姻は成立していない場合(未婚の場合)

子が生まれる前に父が胎児認知した場合、子が生まれたときは法律上の父子関係が成立している
⇒ 子供の国籍:日本

ケース4 日本人父と外国人母、但し婚姻は成立していない場合(未婚の場合)

父が子を出生後に認知した場合、父は法律上の父で扶養義務などが生じる
⇒ 子供の国籍:外国

例えば、ケース2の場合ですと、日本での婚姻が成立していない場合でも、子の出生後3ヵ月以内に、現地の日本大使館に出生届及び国籍留保届を提出していれば、子は日本国籍を取得出来たことになります。
ケース3の場合ですと、子が生まれる前に、日本の市役所に胎児認知を届け出た場合には、子は日本国籍を取得します。

子供の国籍の取得に関しては国籍法によりますが、外国にいる子供を日本に招聘して、日本での在留を求める場合には入管法が適用されます。

弊所では様々なご相談に乗っておりますので、是非いらっしゃってみて下さい。

 

 

Follow me!